最強布陣組むために―武田が侍Jの課題提起、内に秘める思いとは

 ソフトバンクの武田翔太投手が21日、福岡市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、25%の大幅減となる9000万円で契約を更改した。この交渉の席上で、武田は球界全体の課題として、WBCをはじめとする国際大会に出場する選手を取り巻く環境面のリスクを指摘。ソフトバンク球団からもNPB、選手会に働きかけてもらえるように要望したことを明らかにした。

 キッカケは今春に遡る。武田は、右足首を負傷していた日本ハム・大谷翔平の不参加によって、今春キャンプ中にWBCに臨む侍ジャパンに招集された。緊急招集で臨んだ本大会中に右肩を痛め、シーズン開幕後に右肩炎症で約2か月半に渡って戦線を離脱。6月末に1軍に復帰したものの、右肩を痛めている間にフォームを崩し、今季は13試合で6勝4敗、防御率3.68に終わった。2015年、2016年と続けてきた2桁勝利も途切れた。

 WBCで負った故障が、シーズンに影響したことは否めない。ボールも、環境も違う中でのプレーには、怪我やその後の不調に繋がるリスクはある。ただ、球界には、もし怪我などでシーズンの成績に影響を及ぼした場合にも、その選手を救済するシステムはない。「そうなったことで、色々と思うようになったし、穴が見えたというか……」。実際に怪我を負い、自らがその立場に置かれたからこそ、課題だと痛感した。

「今の現状では選手としては、いい時はいいですけど、悪い時に選手だけがリスクを負ってしまう。WBCや侍ジャパン関連の試合はこれからもあります。日本としてはベストメンバーでいきたいと思いますけど、選手会、NPBの間での取り決めが明確ではない。現状では、例えば怪我をした時とかに、選手だけがマイナスになるリスクがある」

「出ないほうがいいんじゃないか、という選手が出てくる」 

「これだと出ないほうがいんじゃないか、という選手が出てくると思う。具体的な取り決めをしっかりしていただければ、と思う気持ちはあります。メジャーの選手が出られないのは、そこにもあると思う。呼びたくても呼べなかった選手がこれまでにもいると思います。そういう選手が不安なく出られる、安心して出られるような後ろ盾は欲しいと思います」

「(WBCに出ることは)名誉もありますけど、選手も生活をしていかないといけないので。ボールは違うし、野球の環境も違う。問題はきっと起こる。同じようなことを思っている人もいると思う。今後、代表でやる人のためにもキッカケになればいいと思って言わせてもらいました」

 このように言葉を並べていった武田。球団からは負傷に対して出来高の設定などの配慮もあったようで「ホークスは配慮をしてくれましたし、納得して判を押しました。ホークスは12球団イチだと思いますし、感謝しかない」とする一方で「ただ12球団で見ると、まだ足りていないのではないかと思います」と提言した。

 ベストメンバーが揃ってこその侍ジャパン、日本“代表”である。こういったところも、解決すべき課題として残されている。(金額は推定)(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)