1954年3月1日、日本のマグロ漁船・第五福竜丸が米国の核実験によって被災する「ビキニ被災事件」が起きました。もうすぐ61年になります。水産庁が日本共産党の紙智子議員に提出した約40点もの文書で、ビキニ被災は太平洋核実験被災というべき規模だったことが改めてわかりました。文書には、レッドウイング作戦(56年)としてアメリカがマーシャル諸島でおこなった17回の核実験に関し、危険区域に入る漁船の有無