1)スタッツはポルトが圧倒的優位も、内容から見れば引き分けは妥当 ボール支配率はバーゼル40対ポルト60。シュートは1対15。コーナーキック0対9。このスタッツだけを見れば、ポルトが圧倒的優位に立って一方的に試合を運んだように見える。しかし、実際の試合内容は必ずしもそうではなかった。 テクニックで劣るがフィジカルでは優位に立つバーゼルは、立ち上がりから最終ラインを押し上げて激しいハイプレスを