盗聴法拡大と、「密告」して自分の罪を軽くする日本版「司法取引」の導入法案の国会提出を許すなと13日夜、緊急集会が東京都内で行われ、102人が参加しました。主催は全労連と自由法曹団、国民救援会。開会あいさつで、国民救援会会長の鈴木亜英(つぐひで)弁護士が「盗聴の立会人をなくし、盗聴範囲を拡大する改悪がされれば、捜査と公安警察による情報収集との線引きがあいまいになる」と指摘しました。自由法曹団の