第2次世界大戦中にナチス・ドイツがユダヤ人など少なくとも110万人を虐殺したポーランド南部のアウシュビッツ強制収容所が解放されてから70年となった27日、各地で二度と悲劇を起こさない決意をこめた式典や集会が開かれました。アウシュビッツ強制収容所のあったオシフィエンチムでの追悼式典には、生還した約300人、ドイツのガウク大統領、フランスのオランド大統領ら50カ国の代表が出席。今回の式典は「多くの