チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は27日に行われたキャピタル・ワン・カップ準決勝のリヴァプール戦で、対戦相手の足を2回、踏んだジエゴ・コスタを援護した。この試合で、ジエゴ・コスタはリヴァプールのMFエムレ・カンとDFマルティン・シュクルテルの足を踏み、さらにスティーヴン・ジェラードと小競り合いを展開。この行為について試合の解説をしていたティエリ・アンリ氏とジェイミー・レドナップ氏がジエゴ・コスタ