沖縄防衛局は15日、中断していた沖縄県名護市辺野古への米軍新基地建設に向けた海上作業を4カ月ぶりに再開し、海底ボーリング調査に向けた浮桟橋の設置などを強行しました。昨年の知事選などを通じ、何度も示された新基地建設反対の民意を踏みにじる暴挙に、市民らは海上と米軍キャンプ・シュワブのゲート前で抗議の声をあげ、作業中止を求めて座り込みました。防衛局は15日未明、前日深夜から監視を続けていた市民を県警