日本共産党の市田忠義副委員長は8日、文化放送のラジオ番組「吉田照美飛べ!サルバドール」に電話出演し、総選挙の争点と党の主張を語りました。「衆院選で一番訴えたいこと」として、市田氏は「安倍政権の暴走政治にストップをかけて、日本共産党の躍進で国民の声が生きる新しい政治に切りかえようと訴えたい」と述べました。市田氏は、安倍首相が賃上げや雇用改善を主張しているが、労働者派遣法の改悪や「残業代ゼロ」