第47回衆議院選挙が2日に公示され、12日間にわたる選挙戦に突入した。40歳手前にして現役キャリアを終えるサッカー選手がほとんどだが、海外を中心に引退後、政治家へ転身する選手も多々存在する。新しいキャリアとして政治への道を選んだ主な選手たちを紹介したい。■ジョージ・ウェア(リベリア/元ミラン、パリSGなど)モナコやパリSG、ミランなどで活躍した“リベリアの怪人”。1995年にはアフリカ人として初のバロンド