金融庁が、生命保険大手の第一生命(本社、東京都千代田区)の不払い隠しを告発した関係者の公益通報を、8月に寄せられながらいまだに受理していないことや、第一生命が社員による横領事件を金融庁に報告していないことが13日、日本共産党の大門実紀史参院議員の追及と本紙の取材でわかりました。米国企業の買収を進める第一生命と、同社をバックアップする金融庁が、買収に不都合な不祥事を隠そうとした疑いが濃厚です。