データ転送への課税を検討ハンガリー政府は、インターネットプロバイダに対し、インターネットのデータ転送1ギガバイト(GB)ごとに150ハンガリーフォリント、つまり日本円で約66円の課税を検討しているという。シュピーゲル誌オンライン版が22日、報じた。経済産業省は、この課税により年間200億ハンガリーフォリントの税収入になると見込んでいる。野党は、この新税案を「反社会的」だとして激しく批判、草案を断念するよう要求