「観劇会」など、みずからの政治団体の不透明な政治資金の収支報告をめぐって経済産業相を辞任した小渕優子氏(衆院群馬5区)は20日の会見で、「監督責任が十分でなかった」とのべましたが、少なくても5000万円を超える不記載、過少記載に、そんな弁明は通用しません。しかも、観劇会で使った費用の大半が企業献金と政党助成金を原資としている疑いも浮上しました。(藤沢忠明)小渕氏の疑惑の核心は、観劇会を主催し