京都の基幹産業の一つである西陣織、丹後ちりめんの家内労働者の最低工賃が、10月から13年ぶりに32%と大幅に引き上げられました。産地で歓迎の声があがる一方、本当に守られるのかと不安の声も出ているのを受けて、日本共産党の倉林明子議員は16日の参院経済産業委員会で、最低工賃の徹底について政府に対策を迫りました。最低工賃が守られない事実が発覚し家内労働者からの申告があれば、労働基準監督署は委託事業者