国際通貨基金(IMF)がこのほど、中国の2014年における国内総生産(GDP)が購買力平価ベースで米国を超え、世界一の経済大国になると発表したことについて、中国メディアの和訊網は11日、「日本と中国では経済規模の差が拡大していることは事実」であり、日本は正しく認識する必要があると論じた。記事は、中国のGDPが米国の水準に近づいていることは確かであるものの、購買力平価による理論値は「実態とかけ離