障害者自立支援法違憲訴訟団と厚生労働省は19日、同省内で第6回定期協議を開催。訴訟団は、65歳以上の障害者が障害福祉サービスを打ち切られ、介護保険制度に移行しなければならない問題(介護保険優先原則)について訴えました。訴訟団は、65歳以上の障害者に対する障害福祉の国庫負担基準が大幅減額されるため、自治体が強制的に介護保険へ移行すると指摘し見直しを求めました。基本合意に基づき、住民税非課税の障