【カイロ=小泉大介】中東歴訪中のケリー米国務長官は12日、トルコの首都アンカラでエルドアン大統領ら指導部と相次ぎ会談しました。その中で長官は、イラクとシリアで台頭する過激派組織「イスラム国(IS)」壊滅のための米の軍事作戦への理解と協力を訴えましたが、トルコ・メディアによると、エルドアン大統領らトルコ首脳は12日、「イスラム国」に対する空爆作戦を展開する際、トルコ軍の基地の利用を許可しない方針を