キリンチャレンジカップ2014が5日に行われ、日本代表とウルグアイ代表が対戦。ホームでハビエル・アギーレ監督の新体制初戦を迎えた日本代表だが、守備のミスから失点を許し、0−2で敗れた。準備期間が短い中で試合に臨んだ、ミラン所属のMF本田圭佑は「個人的には試合を決めたかった」と口にした。「むしろチームのことは後ろや中盤の選手に任せようというくらいの気持ちで試合に入っていました」と述べると、「僕自身も結果