沖縄県名護市辺野古の米軍新基地建設をめぐり防衛省沖縄防衛局が、本体準備工事の入札・契約を秘密裏に行い、大手ゼネコンが受注していた問題(「しんぶん赤旗」日曜版10・17日合併号で報道)で、日本共産党沖縄県委員会は12日、沖縄防衛局に厳しく抗議、新基地建設の即時中止を強く求めました。この問題は、新基地建設に向けた海底ボーリング(掘削)調査を前に、辺野古沖の立ち入り制限区域を示すブイ(浮標)設置や、