日本音楽著作権協会(JASRAC)は、青森県警察本部生活安全部保安課サイバー犯罪対策室と八戸警察署が8月8日にファイル共有ソフト「Share」を使用してインターネット上に音楽ファイルなどを公開していた青森県の男性(35歳)を、青森地方検察庁に送致したことを発表した。発表によるとこの男性は、JASRACの管理楽曲を無断でインターネット上に公開し、不特定多数のユーザーに送信可能な状態にして著作権(公衆送信権)を侵害していたため