長崎県佐世保市で起きた高1同級生殺害事件から2日で1週間。加害女子生徒(16)は、事件の予兆ともいえるいくつかのシグナルを発信していました。なぜ見過ごされたのか。佐世保市で取材しました。(菅野尚夫)「たくさんの夢を断たれた被害女子生徒。加害女子生徒の孤独の深さを思い知ると悲しすぎる」と話すのは、新日本婦人の会長崎県本部の会長を務める佐世保市生まれの眞如詠子(しんにょ・えいこ)さんです。子ども主