前回の都知事選に出馬し、クラウドファンディングでの供託金募集やTwitterでの政策公募など、新しい政治のありかたを模索した家入一真。その彼が、選挙活動を経て考えた「未来のありかた」を執筆した1冊を上梓した。その新刊をレヴューする。「わたしたちは新しい政治のありかたを受け入れられるか。家入一真の新刊『ぼくらの未来のつくりかた』 (WIREDブックレヴュー)」の写真・リンク付きの記事はこちら政治にもダイヴァーシテ