ピッチドロップ実験は1927年に始まり、いまもずっと続いている「世界最長の実験」だ。このたびあるロンドン大学の教授が、教育のために、そのショート・ヴァージョンを実現した。ピッチ(黒色の樹脂)で満たされたガラスの漏斗。ピッチはゆっくりと漏斗の下へと滴り落ちる。そう、非常にゆっくりと──約8〜9年ごとに1滴、というスピードだ。「世界最長の「ピッチドロップ」実験の、最短の観察方法」の写真・リンク付きの記事はこ