AKQAのチーフ・クリエイティヴ・オフィサーであるレイ・イナモトが、今年の「カンヌの混乱」を分析。「ギーク(コード)とフリーク(アート)がこの機会に手を取り合うこと」。そこから21世紀のビジネスを引っ張っていく存在が生まれる可能性について提言する。「「広告」の未来はギークとフリークの手に:レイ・イナモトが見た「カンヌ」の行方」の写真・リンク付きの記事はこちらカンヌの混乱と矛盾「自分の仕事を恥じず、誇りを