改革委「再生研 解体を」理化学研究所の発生・再生科学総合研究センター(CDB)小保方晴子研究ユニットリーダーらによるSTAP(スタップ)論文の問題をめぐって、外部有識者でつくる改革委員会は12日、研究不正の再発防止にむけた提言をまとめ、理研の野依良治理事長に提出しました。提言は、問題の背景に「不正行為を誘発し、不正を抑止できないCDBの構造的な欠陥があった」と指摘。小保方さんらの個人的責任ととも