調査団が区と交渉大阪市が生活保護費を抑制するため、受給者や申請しようとする人に対し違法な対応をしているとして、弁護士・学者などでつくる大阪市生活保護行政問題全国調査団は28日、大規模な調査・交渉を始めました。大阪市の対応を放置すれば全国に波及する恐れがあるとして、2日間にわたって市・区と協議し、人権を尊重した保護行政への是正を求めます。この日は240人が参加しました。「娘が内緒でアルバイトして