教育委員会改悪法案を審議する衆院文部科学委員会は14日、参考人質疑を行いました。京都市の門川大作市長は意見陳述で、教育委員会の果たしてきた役割を強調。「独立した執行機関として維持し、政治的対立を持ち込まないことが大事だ」と述べました。日本共産党の宮本岳志議員は、大津市の越直美市長に対し、今回の「改革」理由に同市のいじめ隠ぺい事件が挙げられているものの、第三者調査委員会報告書は教育委員会の存在