中米コスタリカ(人口約480万人)で8日、歴代政権による汚職や新自由主義政策を批判して当選したルイス・ソリス新大統領の就任式が行われました。大統領は就任演説で、汚職問題の根絶に向け、市民の参加を重視した「透明性ある政府」を掲げ、貧困や失業の問題解決を重視する立場を表明しました。現地紙の報道によると、ソリス氏は、汚職事件などにより政治家や政府に対する国民の信頼が失われていると指摘。信頼回復のため