「医療・介護難民」増やす安倍内閣が国会に提出し、衆議院で審議が始まった医療・介護総合法案―その中身は、多くの高齢者を介護サービスの対象から除外し、入院患者を強引に「在宅」に戻していくというものです。医療をいっそう受けられなくし、介護保険をさらに使えない制度に変質させる大改悪です。「地域包括ケア」―国の責任放棄では「絵に描いたもち」に政府は、病院や施設から追い出されても、地域で医療や介護が受けら