STAP細胞の論文不正問題で、理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーは9日、大阪市内のホテルで記者会見を行い、冒頭で「私の不勉強、不注意、未熟さゆえに多くの疑念を生みました」と謝罪した。しかし、「STAP細胞は200回以上作製に成功しており、真実だ」と訴え、理研に不服申し立てを行った理由について説明した。中国の簡易投稿サイト微博でも小保方氏の会見の様子がすぐさま伝えられ、多くの中国人ネットユ