衆院安保委 赤嶺議員が質問日本共産党の赤嶺政賢議員は29日の衆院安全保障委員会で、11月1〜18日に陸海空の3自衛隊から3万4000人が参加して沖縄・九州を中心に実施予定の実動演習について、日中間の軍事的緊張を高めるものだと述べ、中止を求めました。赤嶺氏は、陸自の地対艦ミサイル部隊が沖縄県の那覇駐屯地、宮古島分屯基地に配備され、石垣島についても地元調整が進められていることをあげ、「尖閣諸島周辺