写真提供:マイナビニュースマイナビニュース

誤用の多い言葉 1位「ハッカー」

ざっくり言うと

  • 小学館は15日、「間違った意味で使われる言葉ランキング」を発表
  • 1位は「ハッカー」で、本来コンピューターで不正行為を行う人という意味はないという
  • また「言い間違いされる言葉ランキング」も発表している

ランキング

x