岡崎慎司のゴールで1点差に詰め寄ると、同点を狙ってなおも攻勢に出る。しかし、5分という長いロスタイムが終わり、無情にもタイムアップの笛が鳴り響いた。3戦全敗――。勝ち点1すら獲得できず、ザックジャパンのコンフェデレーションズカップは幕を閉じた。もっとも、全敗という成績もさることながら、それ以上に重くのし掛かるのは、「3試合9失点」という失点の多さだ――。「守備崩壊」と言われても仕方のない数字で