日本共産党の佐々木憲昭議員は24日の衆院財務金融委員会で、株価の乱高下と長期金利急騰について、無制限の金融緩和で投機をあおってきたアベノミクスの危険が露呈したものだと追及しました。佐々木氏は、東証株価の前日比1143円下落(23日)は13年ぶり史上11番目の下げ幅であり、長期国債の金利も23日に一時1%に上昇したことに言及。「アベノミクスの基盤は大変もろい」と指摘しました。麻生太郎財務相は「株