2012年10月21日、ロイターは「多くのアナリストが『アジア最大の経済体である中国はやがて日本式の繁栄と没落に遭遇するだろう』と予想しているが、中国経済は発展の余地をまだ残しているため、この予想は外れるだろう」と主張した。23日付で環球時報が伝えた。【その他の写真】現在の中国は、為替レートの上昇や国内消費の増加、サービス業の発展、輸出や投資への依存の減少など、30年前の日本と非常に良く似た状態にある。さらに