台湾の鴻海グループがシャープへの出資比率の引き上げを打診している。これはエレクトロニクス産業におけるサプライチェーンの大きな変化のきっかけになると筆者は説く。■頼れなくなった銀行の支援シャープが台湾のEMS大手、鴻海(ホンハイ)グループからの出資を受け入れることになったというニュースが多くの人々の注目を集めている。シャープがホンハイの傘下に入ったというセンセーショナルな報道もあるが、私はそうではない