関越道バス事故関越自動車道で7人が死亡した高速ツアーバス事故(4月29日)。事故の背景には規制緩和で“雨後のたけのこ”のように増えた「バス会社」と、運賃を安く買いたたく、悪質な「旅行会社」の構図がありました。「格安」と「安全」は両立しない、と声をあげる中小の旅行業者は…。(遠藤寿人)「利益中心のズサンな契約を強いる旅行会社もあるのだろう。だが、少なくとも、正常に取引している中小の旅行会社を一緒