「まるで伝言ゲームのようだった」東京電力福島原発事故を検証する国会事故調査委員会の聴取で、事故当時に経産相だった海江田万里議員が事故対応でこう答えた。経産相は原子力安全・保安院を傘下の持ち、原発の直接の責任者だ。だが、海江田の答えはまるで他人事のようだった。「海水注水中止」「全面撤退」指示誰かわからない当時の首相官邸の指揮命令系統はどうなっていたのか。委員から「なぜ東電本店、あるいは官邸におられた