原発の再稼働問題が次期衆院選の大きな争点になりそうだ。きのう16日(2012年4月)、民主党の仙谷由人政調会長代行は名古屋市で講演して、「原発を直ちに止めた場合、ある意味、日本が集団自殺するようなことになる」と語った。関西電力大飯原発の再稼働を進める民主党政権の立場を改めて示した形だ。一方、大阪維新の会代表の橋下徹大阪市長は再稼働は拙速だとして、きのうも「維新の会としてとことん徹底抗戦していく」と民主党