オウム逃亡犯・平田信の出頭は、一般社会に大きな衝撃を与えた。出頭してきた逃亡犯を追い返すという、許され難い失態を犯した警視庁。平田が潜伏していた大阪府警の幹部も臍をかむ。以下、作家の山藤章一郎氏のリポートだ。***昨年の大みそか、夜8時30分ころ。〈オウム〉事件で指名手配されていた平田信(46)は新大阪駅からの新幹線を品川駅で降りた。黒のダウンジャケットに白のニット帽、マスクの姿は、両駅の監