8月31日から9月13日まで、1枚500円の「宝くじの日記念くじ」が発売される。毎年9月2日が、語呂合わせから「宝くじの日」となっており、その記念行事として発行されるものだ。特徴は、何といっても1等の当せん確率の高さだ。ジャンボ宝くじの1等2億円は1000万分の1だが、この宝くじは同じ2億円が200万分の1で当たり、最も2億円に当たりやすい宝くじなのだ。500円くじは、過去3回(1999年、2000年、2010年)発売されているが、