野田総理が誕生することはおそらく予想外と感じた人が多かったと思います。しかし民主党としては賢明な選択だったのではないでしょうか。海江田総理では、答弁もおぼつかず、野党としては攻めどころが満載で、ねじれ国会の混迷がますます深まります。あきらかに野田さんは、総理になったときのねじれ国会を意識し、野党に配慮する発言を繰り返していたこと、財政再建を主張していたことで、野党は攻めづらくなったのではないでしょ