麻雀小説家の阿佐田哲也こと色川武大氏との交流を描いた自伝的小説『いねむり先生』、及びエッセイ集『男の流儀』がベストセラーに名を連ねるなど、人気と注目を集める作家・伊集院静氏。かつて20代後半に広告制作会社を辞めた後、7年間にわたって湘南初の洋館式ホテル「なぎさホテル」に逗留し続けた当時の経験を、新刊の自伝的随想録『なぎさホテル』に綴った。作家としての未来はおろか明日さえ見えない日々をそのホテルに暮ら