法務省は12日、市場化テストにより法務局の登記関連事務を受託しながら、法人登記の虚偽記載や年金保険料のごまかし、残業代不払いなどの法違反を重ね、15日まで3カ月間の業務停止となっていたIAカンパニーに対し、業務停止期間をさらに2カ月間延長することを決定しました。日本共産党の井上哲士参院議員に法務省の担当職員が報告しました。処分理由として法務省は、前回処分のさいに改善を求めた「コンプライアンス