連休明けに日本外交に衝撃が走るだろう。新聞休刊日の今日(5月6日)、私は5月4日の朝日新聞のウィキリークスに関するスクープ第特集記事を注意深く読んでみた。そして、あらためてその衝撃度の大きさを再認識した。これは原発に対する大震災・津波と同じように、日米外交に対する大地震・津波である。このことはいくら強調しても強調しすぎることはない。さぞかし外務省や菅政権は慌てているだろう。仕事どころではないだ