日本共産党の志位和夫委員長は6日、遊説先の熊本市内で記者会見し、いっせい地方選前半戦の道府県議選で現有の100議席を必ず確保して上積みをめざすと同時に、4県の県議空白を克服する決意を表明しました。会見には久保山啓介県委員長が同席しました。志位氏は、熊本、愛知、群馬、福井の4県で現在、党県議が空白になっており、「空白をなくし、全都道府県で日本共産党の議員が活動するということを、(全体の議席確保・