稲盛和夫日本航空会長は8日、日本記者クラブの記者会見で、同社が165人のパイロット、客室乗務員の整理解雇を強行した問題に触れて「会社業績は日を追うごとによくなっている。160人を残すことが経営上不可能かといえば、そうではない」と認めました。しかし「金融機関、債権者、裁判所などに約束した(日本航空の)『更生計画』を1年もたたないうちに反故(ほご)にしてしまうことはできない」などと語りました。日本