2010年10月13日、チリの鉱山落盤事故現場での救出劇は、炭鉱事故で毎年多くの犠牲者を出している中国でも高い関心が寄せられた。中でも注目を集めたのが、「避難所」の存在。09年に貴州省の炭鉱事故で25日間閉じ込められた末に奇跡の生還を果たした作業員の1人は「チリの保安設備が羨ましい」と語った。黄河新聞網が伝えた。中国の安全対策が不十分であると語ったのは、昨年7月、貴州省黔西南プイ族ミャオ族自治州晴隆県の新橋炭鉱