夏以降、全国で「消えた高齢者問題」が話題となっている。その背景には、よく言われるように、核家族化や都市化といった社会の変化があるのは間違いないが、実は雇用問題も無関係ではない気がしている。というのも、たとえば大手企業などを定年退職した後で、燃え尽きちゃった人の話をしばしば聞くからだ。僕の知っている人でも、海外支社長まで勤めたのに、朝から酒浸りになっちゃった人もいる。その時は単に「やること無いんだろ