日韓併合100年を迎えるにあたり、日本政府は10日、「痛切な反省と心からのおわび」を表明する首相談話を閣議決定した。談話では、「未来志向の日韓関係を構築していきます」とし、「植民地支配がもたらした多大の損害と苦痛に対し、ここに改めて痛切な反省と心からのおわびの気持ちを表明いたします」と明記した。中国でも首相談話は大きな注目を集め、メディアが取り上げる一方で、ブロガーたちも自らのブログで持論を展開し