敗因は消費税とマニフェスト民主党は16日に行われた政策調査会拡大役員会で、政策調査会と参院選の結果を受けてのマニフェスト及び政策に関する議論を行いました。参院選の敗因として挙げられたのは、消費税の増税とマニフェストの誤解です。民主党によると菅直人総理(代表)による消費税に関する発言が唐突に捕らえられたことと、消費税の増税自体が問題というよりも、増税への前提や議論が未成熟であるなど、発言の仕方に問題が